オトナマンガストーリー

    「オトナが楽しむマンガ」の視点でマンガの感想を書いていきます。マンガってストーリー作りや構図、そして人生まで学べちゃうまたとない娯楽。読んだマンガの良かったことや学んだことが中心になるかと思います。

    スポンサーサイト 

    --/--/--
    --. --:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    [edit]

    CM: --
    TB: --

    page top

    「恥知らずのパープルヘイズ」

    JOJOの第5部に出てくるパンナコッタ・フーゴが主人公の、スピンオフ作品です。
    ライトノベル作家として有名(らしい。私はよく知らないんですが…)な上遠野 浩平が手がけた小説。

    とりあえず銀ピカの表紙がカッコいいのですが、私はこの手のスピンオフ作品に対しては懐疑的で、JOJO好きの私も読む気がしなかった一作。ですが、西尾維新が手がけた「OVER HEAVEN」が、意外にデキが良かったので、ついでに読んでみたのでした(これについては近いうちに書く予定)。

    感想は「けっこう楽しめた」。さすがラノベの旗手だけあって、ところどころ強引にすぎる部分はあるものの、設定や構成はなかなか練られているんです。感心したのは、第5部の主人公、ジョルノ・ジョバァーナが組織のボスとして放っている存在感が、よく描かれていること。

    この作品は、ジョルノ擁するブチャラティチームが組織を離脱する際、彼らを見捨てたフーゴが、ジョルノの元に帰るまでを描いた物語です。ジョルノはフーゴと別れた後、念願かなってボスを倒し組織の頂点に立ちます。一方、すっかり落ちぶれたフーゴのもとにジョルノは使者を寄越し、危険な仕事を依頼するのです。

    なぜ、ジョルノはフーゴに仕事を依頼したのか。
    それがこの作品の全編を貫く、ミステリーとなってます。危険な仕事を押し付けて、体よく始末しようとしているのか? はたまた復帰のチャンスを与えているのか? その真意を計りかねながらもフーゴはミッションに従事し、その中でかつてボスとの戦いで生命を落としたブチャラティら、仲間たちの心を理解していく…。なぜ仲間たちがブチャラティに惹かれたのか、そしてブチャラティはなぜジョルノを認めたのか。

    その心境の変化は、フーゴ自身にすら致命傷を負わせる殺人ウィルスを撒き散らすスタンド「パープルヘイズ」にも思わぬ進化をもたらし、最終的にターゲットを倒すに至る。ここまでジョルノは一切姿を見せず、存在感のみで強烈な印象を残しているところが、かなりニクい演出となってます。

    最後の最後、いわばエンディングシーンでようやく姿を見せたジョルノとフーゴの面会はちょっと涙モノ。
    智将ブチャラティが惚れた、ジョルノの絶大な器によって、フーゴもまた救われるんですから…。

    ラノベって侮っていたんですが、なかなかレベルが高いんだなあと痛感させられた作品でした。



    舞台は第5部完結後のイタリア、主役はパンナコッタ・フーゴ!!


    スポンサーサイト

    [edit]

    CM: 0
    TB: 0

    page top

    コメント

    page top

    コメントの投稿

    Secret

    page top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://otonamangastory.blog.fc2.com/tb.php/4-6b3dd6bb
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    page top

    2017-11

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。